第70回愛媛県理容競技大会
しまなみ大会開催
 
6月18日、今治市グリーンピア玉川で第70回愛媛県理容競技大会が開催されました。
出場者は専門学校生からマスタースタイリストアワードのベテランまで25名が参加。

開会式では吉村則男大会副委員長の開会宣言ではじまり大会実行委員長の近藤正泰今治支部長の歓迎のあいさつや日野満明大会委員長の挨拶が続き、来賓祝辞では大森利夫全理連理事長からの祝辞が代読され、菅良二今治市長からは時事ネタも交えての祝辞が述べられました。
審査要綱の説明では西森寛審査委員長から説明後に『完成度の高い作品を期待します』と選手に激励が送られた。

その後、松田圭人選手の選手宣誓で競技にうつりました。  


各競技の風景は以下です

第1部
Barber Style
講評
シルエットのまとまりやクラシックなイメージはあるが、新しさが欲しかった。
 
 
優勝 西森 寛(松山) 
 第2部
レディースカット・パーマスタイル
『Ladies hair Marge』

講評
モデル競技はよく理解できていた良い作品だった。
マネキン競技は全体にたまりが有った。軽さが欲しい
 
 モデル 部門 
優勝 沼田 至巧(東新)
マネキン部門
優勝 新開 拓也(松山)
第3部
メンズカット・パーマスタイル
講評
ウェーブのつや感と束感が少なかった。カラーも勉強して欲しい
 
優勝
石川 慶子(松山)
     
第4部
マスタースタイリスト部門
講評
新しいデザインにも挑戦してほしい。カラーも勉強してほしい
 
優 勝 宮ア 富夫(松山)
準優勝 兵頭 武志(松山)
第3位 篠原 泰造(松山)
 
     
 第6部
ニューブロース
講評
シルエットは理解できていた。ボカシも出来ていた。面を綺麗に整えるように練習をしてください。
 
優 勝 松田 圭人(松山)
準優勝 納庄 訓平(松山)
     
 第7部
ワインディング
講評
練習の成果が見えていた、より高いレベルを目指して頑張ってほしい
 

優 勝 山田明子(河原)
準優勝 越智公紀(河原)
3位 清田真生(河原)
敢闘賞 楠 卓真(河原)
敢闘賞 藤原睦来(河原)
敢闘賞 三好裕大(河原)

 
     
アトラクションでは今治市社協介護サービスセンター玉川から講師を招き
『車椅子の方の介助講座』として車椅子の基礎知識と車椅子から理容椅子などへの移動方法が説明され、
立ち上がり動作の基本が丁寧に解説され実際に車いすに乗って段差を上がるときの傾き等を体験した。

表彰式では各賞が発表され、菅良二今治市長からは選手1人1人に声をかけながらの授与でした。



閉会式では実行委員長へ感謝状が渡され、次期開催支部へ大会旗が継承されました。
来年度開催支部の兵藤支部長は71回の大会へ向けて意気込みを語りました。
水口良一大会副委員長の閉会宣言で70回の節目の大会を終了した。