第68回愛媛県理容競技大会
 5月16日、大洲市総合福祉センターで第68回愛媛県理容競技大会・理容2016メッセージ大会が開催されました。
学生からマスタースタイリストへ出場の大ベテランまで45名が参加しました。
開会式では大森利夫全理連理事長が先日、韓国で開かれた世界大会優勝にもふれ『すべての大会出場の原点はこの県大会であり、大きな大会を目指した頑張ってください』と祝辞を述べ、地元大洲喜多支部の松澤みちる選手の選手宣誓で競技に入りました
開会式の様子
各部門の様子と結果はこちら
   第1部 クラシカルカット・ファッションカテゴリー
優 秀 賞 石川 慶子 (松山支部)
 
 審査講評 色はきれいに入っていたが、もう12色あれば良くないか?
   第2部 トレンドカット・オン・レディース
優 秀 賞 沼田 至巧 (東新支部)
 
 審査講評 女性らしいカラーとの意見もあったが1色で終わったのが残念
   第3部 トレンドカット・オン・メンズXY code−E
優 勝  谷口 竜也 (伊予支部)
準優勝  武田 謙太 (新居浜支部)
第3位  田口 航理 (松山支部)
 
 審査講評 規定の目指すコンセプトやデザインをもう少し勉強してほしい
   第4部 マスタースタイリストアワード
優 勝 石山 緑   (伊予支部)
準優勝 高木 延一郎 (上浮穴支部)
第3位 長谷川 善英 (松山北支部)
敢闘賞 仲岡 芳一 (大洲喜多支部)
敢闘賞 篠原 泰造 (松山支部)
 
 審査講評 全体的にカラーの綺麗な作品が目立っていた。全国・世界を目指して頑張ってほしい
   第5部門 ニューブロースカット
優 勝 渡部 純生 (松山支部)
準優勝 小野 康生 (河原学園)
第3位 上野 貴生 (河原学園)
敢闘賞 松岡 由真 (河原学園)
敢闘賞 福田 哲也 (松山支部)
 
 審査講評 面・シルエットともに良い作品があったがフロント部分のカットをもう少し丁寧にしてほしい作品あった
   第6部 ウィッグ トレンドカット・オン・メンズXY code−E
優 勝 水木 章裕 (松山支部)
準優勝 松澤みちる (大洲喜多支部)
第3位 萩尾 亮太 (新居浜支部)
 
 審査講評 フロントのダブルバングをもっと強調して作品のコンセプトをもう少し理解してほしい
   第7部 クラシカルバック ドライヤー仕上げ
優 勝 渡邉 結羽 (松山支部)
準優勝 芝  恭輔 (松山支部)
第3位 酒井 真也 (松山支部)
敢闘賞 菊池 陽歩 (河原学園) 
 
 審査講評 カットの勉強とクラシカルのシルエットの勉強を
  第8部門 ワインディング
優 勝 安平 愛 (河原学園)
準優勝 辰岡 将吾 (河原学園)
第3位 安岡 拓人 (河原学園) 
 
 
  理容2016メッセージ愛媛県大会 
 優秀賞 文田 裕之 (松山支部)
 
  アトラクションでは大洲地区広域消防事務組合より講師を招き、救急救命とAEDの使用体験を行い、もしもの時に備え、熱心に行っていた。
 
 閉会式では実行支部に対し感謝状が送られ次期開催地へ大会旗が渡されました。
来年度は中予ブロックで開催されます